Unified Threat Management -統合脅威管理-

あなたの会社のセキュリティは本当に大丈夫ですか?

企業に対するインターネットセキュリティ対策環境は急激に変化しています。

個人情報保護に関する法令の厳罰化、世間に対する企業の責任など、インターネット上のあらゆる脅威への対策実施はもはや中小企業でも必須事項となっています。

しかし、すでに家庭用と同程度のアンチウイルスソフトを入れている、業務で必要なWEBサイト以外は閲覧しないから”大丈夫”そう思っている方も多いのではないでしょうか。

アンチウイルスソフトの対策だけではすべての脅威からネットワークを守ることは不可能です!日々複雑化・巧妙化するサイバー攻撃から社内ネットワークを守るには、複数の脅威に対して統合的にセキュリティ対策を行う事が必要不可欠です。

UTMは一台で社内のネットワークを一括管理できる情報セキュリティシステムです。

UTMのしくみ

コンピュータ・ウイルスやパソコンの乗っ取り・ハッキングなどの不正侵入にはそれぞれの問題に合わせた仕組みのセキュリティが必要です。いままでは複数のシステムやソフトウェアを組み合わせて運用し、これら全てを日々更新しアップデートし続ける事は非常に手間がかかっていました。

UTMはインターネット上のあらゆる脅威への対策に必要なシステムが1つに集約されています。UTMを外部のインターネットと社内との入り口に接続することでウイルスなどを含まない安全な通信のみを通すことができます。

UTMを導入するメリット

UTMの最大の特徴は各パソコンごとではなく、社内全体のインターネット環境そのもののセキュリティ対策です。

UTMをネット接続の入り口に設置することで、インターネット上のあらゆる脅威への社内ネットワーク全体の総合セキュリティ対策ができます。

常に最新のウイルスに対応する自動アップデート

社内全体のネットワークを一括管理しているので、個別にソフトのアップデートやインストールをする必要がありません。

迷惑メール・スパムメールの排除

社内ネットワークに向けて送信されるメールを監視し、迷惑メールを自動的に駆除します。

不正なWEBサイトへのアクセス防止

インターネット上の疑わしいスパムサイトやフィッシングサイトへのアクセスを防止・抑制します。

不正侵入の防止

外部からの不正アクセスを常に監視し、疑わしいアクセスを防ぎます。UTMをネット接続の入り口に設置することでパソコンだけでなく、複合機などの端末にも対応できます。

サポート期限きれのOS対策

サポート期限が切れてしまったWindoews XPもまだ現役で使用していかなければならない事情のある方は多くいます。しかし、サポート切れのOSを使い続ける事はセキュリティの面でとても危険です。UTMで社内ネットワーク全体を守る事でそれらのOSも一定のセキュリティレベルを保つことができます。

ウイルスソフトだけでは危険です

近年のパソコンは出荷時の状態ですでに標準程度のウイルス対策がされています。無償でも高機能のウイルス対策ソフトが存在しています。しかし、サイトの乗っ取りや顧客情報の流出などセキュリティ問題が報道を連日のように賑わせています。それはコンピューターウイルスがセキュリティの穴を狙って攻撃を仕掛けているからです。

コンピュータウイルスはウイルスソフトをきちんとアップデートし、定期的にウイルスを検知・対策している端末を狙うことはそうありません。しかし、企業規模となると全てのパソコンを同時期にアップデート・更新することはとても困難です。そういったセキュリティ対策の不十分なパソコンや社内LANに接続されている個人のスマートフォンなどが狙われていることが多いのです。

UTMは社内ネットワークそのものを一括して守る画期的なセキュリティプライアンスです。1台で社内すべてのセキュリティレベルを一定に保ち、統合的なセキュリティ対策が可能です。

お問い合わせボタン

セキュリティ機能一覧

パケットフィルタリングウォッチガードの長年に渡るファイアウォールのコアテクノロジーをベースに、マルチギガビットのパケットフィルタリングパフォーマンスと透過的なプロキシ技術を、すべてのトラフィックに対して、高度なセキュリティインスペクション機能と共に提供します。
アプリケーション制御社内ネットワークで「誰が」「いつ」「どんな」 「どこで」「なぜ」そして「どのように」アプリケーションを 使っているかを簡単に把握できます。Application Controlを活用することによって、社内のウェブアプリケーション利用ポリシーを作成し、適用することができます。
ウイルス対策ハッカーや攻撃者は、さまざまな方法で既知のマルウェアや新しい亜種を企業内に持ち込ませようとします。Gateway AntiVirusは、ウイルス、トロイの木馬、ワーム、スパイウェア、ローグウェアからユーザをリアルタイムで保護します。
レピュテーションセキュリティレピュテーション(評判)はセキュリティに限らず、ビジネス上の取引でも信頼性を確認する上で重要な要素です。実績あるレピュテーション情報により、ユーザのセキュリティリスクの高いサイトへのアクセスを未然に防止すると同時に、Webアクセスの高速化を実現します。
標的型攻撃対策
※有償オプション
標的型攻撃対策はすべての企業に必要なセキュリティ対策となっています。通常のセキュリティ機能で検知できないマルウェアや標的型攻撃を検出する洗練されたセキュリティソリューションです。既知のマルウェアの検知にくわえ、次世代型サンドボックスによる先進の技術で不審なファイルやプログラムコード分析し、標的型攻撃に繋がる脅威を見つけ出します。
不正侵入検知・防御(IPS)ネットワーク内での悪質・不正なアクティビティをブロック。IPSは、アプリケーションレイヤー・コンテンツ・インスペクション機能と共にネットワーク脅威に対するリアルタイム保護を実現します。
Webフィルタリングインターネット上での情報収集では、ユーザ自身が十分に注意していても知らぬまに、危険なサイトに遷移させられていたり、不審なコンテンツをバックグラウンドでダウンロードしてしまうリスクあります。不正サイトへのアクセスをブロックし、危険なウェブコンテンツから保護します。
スパム対策全世界のメールの95%が迷惑メールであると言われており、ウイルスを広める媒体として悪用されています。通信速度を落とし、個人情報と企業の機密情報を盗むためにユーザを不正サイトへ誘導します。リアルタイムのスパム検知を提供し、通常のメールと不正メールをリアルタイムで識別し、脅威アウトブレイクからネットワークを保護します。
情報漏えい防止(DLP)
※有償オプション
ユーザの機密情報の外部への漏えいを検出する機能です。ネットワークの外部に送信されるテキストや一般的なファイルをスキャンすることによって偶発的または悪意のあるデータの漏えい事故を防止します。セキュリティ機能で防ぐ事の出来ない人為的な漏えい事故を未然に防止する事が可能です。
LiveSecurityサービスハッカーや攻撃者は24時間絶え間なく企業ネットワークを攻撃してきます。LiveSecurityサービスはアプライアンスご購入ユーザに継続的な安心と故障時のサポートを提供します。お客様は最適なセキュリティサービスを選択して容易にネットワークセキュリティの強化を実現できます。
お問い合わせボタン

2016年1月から始まるマイナンバー制度。今年中(2015年)には全国民へ個別にマイナンバーの通知が始まっています。

恐ろしいことにマイナンバーの漏えいや流出、マイナンバーを悪用した詐欺などすでに数件が報告されています。
今後、企業側でもマイナンバーの取り扱いをするようになればこれらは決して他人事ではありません。
企業のセキュリティ対策の強化が求められる今、きちんとした対策をしておきましょう。

マイナンバー制度について